認定看護師が活躍できる職場

看護師は専門性の高い仕事です。
病院で働きだしてから、思った以上に高度なスキルと知識を要求されることに悩む看護師が多いと聞きます。
とくに総合病院や特殊な診療科でその悩みが大きくなります。
それに耐えきれなくなった看護師は、スキルや知識をあまり必要としないクリニックや老人ホームなどに転職していきます。
このサイトでは看護師のスキルアップのためにどんな資格を取得すると良いのかを解説しています。
日々の忙しい業務をこなしながら勉強をするのはとても大変なことです。
また今は看護師不足のため、勉強をしなくても働ける場所は沢山あります。
ただこれから20年ほどの間に病院の環境は大きく変わるでしょう。
テクノロジーやロボットと呼ばれるハイテク機器が多く医療現場に投入され、看護師の仕事は減っていきます。
例えば患者に触れる1ことなく体内の疾患を探し出してしまうシステムが2030年ごろまでには一般的になると言われています。
看護師の仕事が減れば、その文化越しが必要なくなり、仕事が減っていくでしょう。
そうなったときに生き残れるのはスキルや知識、専門の資格を持った看護師だけです。
看護師の転職は今がピークです。
看護師の転職市場は今後悪化の一途をたどるでしょう。
10年後、20年後のことなんて考えたくない人は多いと思います。
ただ医療現場は大きく変わっているはずです。
そのときになって困らないよう今の内から準備をしておくのが賢い選択と言えるのかもしれません。

認定看護師が活躍できる職場

平成26年7月現在、認定看護士として、全国各地で就業している方が約14,000名もいます。
認定を受けた専門の分野により、就業する部署や医療機関が異なります。
認定看護師になるまでには、認定看護師としての必要な科目および演習を専門的に、約半年間、学習する必要があります。そして、半年間の学習により、看護分野における高いスキルとノウハウを身に付けることで、看護のエキスパートとして、実際の医療現場において、看護が実践できるようになります。また、認定看護士の仕事は、実際の医療現場における看護のエキスパートとしての役割だけではなく、看護の対象になる方への、病気に対するアドバイスやカウンセリングという役割もあります。
日本看護協会が、新しく認定看護士として認定を受けた約1,300名に対して、今から5年前に実施した認定看護師認定更新者に対する活動状況調査の結果というアンケートでは、認定看護士のうちの約89%近くが一般病院に所属しているという回答結果になっており、大多数を占めています。 そして、一般病院の就業先の内訳としては、市町村や都道府県が運営している公的機関が約28%と多数を占めています。手術看護と糖尿病認定看護師の方の全員が一般病院へ就業しています。さらに、専門看護師の方の大半も、一般病院への就業が多いという回答結果が出ており、特徴的であるといえます。  さらに、公的機関に、次いで、医療法人が約13%、国(国立と独立行政法人国立病院機構も含む)が運営している機関が約10%となっています。
そして、認定看護士のうちの約4%が訪問看護ステーションに所属しているという回答結果になっています。訪問看護ステーションでは、訪問看護認定看護師の方の約68%近くが就業しているという回答結果も出ており、特徴的といえます。さらに、長期の療養病院と診療所で合わせて約1.7 %という回答結果になっています。
認定看護士の就業先の病院における病床数は、500床以上1000床未満が約40%近くと最も大多数となっています。さらに300床以上500床未満が約33%、300床未満が約21%という回答結果になっています。
認定看護師の資格取得支援を行っている医療機関や認定看護師として就業できる場所をお探しの場合は、ナース人材バンクナースではたらこや看護roo!などの看護師の転職サイトへの登録をおすすめします。

▲ページトップに戻る